top of page
RYS300.png
bg top.png
ヨガTT300_Top2_pc.png

​潜在意識をPOSITIVEに塗り換える

※2023年11月8日実施 終了後弊社アンケート調査結果

Nirmalバストアップグラデ.png
maru_初心者の方.png
maru_受講者満足度.png
maru_特典あり.png

ニーマル先生

TT200で得たヨガの学びを実生活に活かす

その答えは潜在意識にアクセスすることです

ティーチャートレーニング300H
オンラインで開講いたします

お問合せ・申し込み

講座内容に関してニーマル先生による無料ワークショップを開催いたしますので、受講をご検討中の方は、お気軽にご参加ください!

btn_申し込み.png

ご参加の方には

本講座申し込み特典

​をご用意しています

早割特典.png
TT300ぴったりbase大.jpg

こんな方にピッタリ!

icon_check.png

心身ともに「ブレない自分」を目指したい

icon_check.png

瞑想へとつながるクリアなマインドを保ちたい

icon_check.png

心身の状態を見極めて改善する力を持ちたい

icon_check.png

心身が健やかな「本当の自分」に出会いたい

icon_check.png

本格的な先生から学びたい

icon_check.png

5000年の叡智・ヨガ哲学を学びたい

icon_check.png

シニアにマイクロヨガを教えたい

icon_check.png

怪我をしにくいヨガを学びたい

icon_check.png

一生ヨガを続けたい

RYT500資格取得に向けて!

RYS300とは、『Registerd Yoga School 300』の略であり、300時間の登録ヨガスクールのことで資格名ではありません。RYT200『Registerd Yoga Teacher 200』を受講中および修了した方が、RYT500を取得するための、ティーチャートレーニングコースや講座を提供しているスクールの名称です。

RYT-RYS.png
本講座申し込み.png
Nirmal Yoga logo.png

TT300とは
どんな学びなの?

氷山.png

自分では自覚がないけれど、自分の行動や思考に影響を与える秘められた意識、それは潜在意識と呼ばれます。分かりやすく言ってしまうと記憶です。覚えていない、はっきりとは思い出すことができない記憶とも言えると思います。この記憶とは、ほぼpositiveなもので形成されているのではなく、negativeです。 でもnegativeとして保存しているのは実は自分自身だったりします。この自分で保存して、自分の中にこびりついているmemoryへと働きかけていくことにより、自然と気がついたら潜在意識が塗り替えられている、そんなアプローチをするのがTT300です。TT300では、200でアプローチしていた体という外枠から一気に内側へ内側へと向かっていく先が変わります。TT300でのアプローチ先は、自分の行動や思考を決める部分の意識、つまり、潜在意識-memoryです。

どうアプローチするのか

asana(ポーズ)と座学の2つが1つの車輪となって私達は変容の道を前へ前へと進みます。このどちらもきっとNirmal Yoga300にしかないもの特別なものだと思っています。

Asanaと座学の輪.png

Asana(ポーズ)の練習

15個ほどのポーズを約90分かけて行う練習があります。ユニークなのは、約3ヶ月に一度ポーズをどう行うか、ポーズのやり方が変わっていきます。ここにはちゃんと理由が存在していて、3ヶ月がだいたい段階的に起こる変化の目処として設定されているからなのです。Asana(ポーズ)にはそれぞれ働きかけていく体の部位があります。TT300で用意されているasana達が働きかけをする先は私達のハートです。そしてこのポーズの練習を効果的に行うためにする準備としてDrinkメニューがあるのもNirmal Yoga TT300でしかない大きな特徴だと思っています。

座学

Asanaとペアになって私たちを前進させてくれるのが座学です。 TT300の座学において一番の目玉は古典書であり、自分の理解に落とし込むことが難しいとされているBhagavad GitaとYoga Sutraです。ただ学ぶだけではないのがこのTT300の特徴です。この古典書の学びをそれぞれが日常で活かせる形で教わっていきます。座学もきちんと "経験する”ように説明されていきます。理由は、Yoga とは "経験”だからです。こうやってasanaと座学の両方を自分の経験として学ぶことでAsanaの練習に座学が活かされ、座学にAsana練習での経験が活かされ一人一人それぞれの変容が徐々に生まれてくるのです。気がついたら変わっている。"あ、この癖がなくなっている” と気づく瞬間を自然と迎えるので、こんなに穏やかな変容の道はないと思います。

伴走者の存在

TT300は一回一回の講座で学んだことを自分で練習して、経験するという時間が必要とされるプログラム設計になっています。ですので、講座から講座までだいたい2週間程の空きが必要となるのでどうしても全体を通して約13ヶ月という時間が必要となります。この数字だけを聞くと、不安になられる方がいらっしゃいます。でも、人生の中で13ヶ月は、特に大人になったら、あっという間に過ぎる時間の長さです。13ヶ月で自分の一生を共にしてくれるtoolを手にいれることができるのだとしたら、それは長くないと思います。そして皆さんにはちゃんと伴走者がいます。先生と一緒に学ぶ仲間。そして今回のTT300からは前回のTT300の私達がいます。私達はTT300修了後(2023.5月に修了)、月に一度は集まり練習を続けたり、学びを続けています。この場を設けた理由は2つあります。一つはもちろん、自分たちの学びを共に続け、shareをし続けるため。そしてもう一つは、未来に加わるTT300生(皆さんのことです)をこの輪の中に迎えるためです。ですので、よかったら安心してください。皆様とお会いできますのを心より楽しみにお待ちしております。13ヶ月後、あなたのbest friend になっているのはpositiveで満タンになっているあなたのmindです。Positive Mind is Your Best Friend!

Positive Mind is
Your Best Friend!

Be your own doctor

Nirmal Yoga logo.png

ニーマルヨガ
とは?

光輪_pc_TT300.png

ニーマルヨガの特徴
3つの安心

ニーマルヨガTT(ティーチャートレーニング)は、単にアーサナ(ヨガのポーズ)の指導者になる事を学ぶのではなく、ウェルビーイングな生き方である“ヨギーとしての生き方”を学ぶ機会です。

他のTTではなかなか学ぶことがない健康的な生活、マインドの管理、瞑想的なライフスタイルなどにも焦点を当て、この学びと実践を通じて、「真実」と「幸せ」が何であるかを理解し、自己の心と身体の健康を管理できる「Be your own doctor (自分自身の医者であれ)」を目指します。

他のTTとの違い_photo.png

ニーマルヨガTTと
他のヨガTTとの違い

3つの安心_photo.png
①.png

基本はonlineで、受講できない場合はアーカイブ動画で

②.png

たまにはドロップインでクラスに参加

③.png

オフ会もあるので安心

※ニーマル先生と対面の機会があるのでオンラインでも安心です

ニーマルヨガの特徴
5つのポイント

黄色のグラデ_TT300.png
黄色のグラデ_TT300.png
黄色のグラデ_TT300.png
Point01.png

正しい呼吸
Proper breathing

ヨガで最も大切なのは、プラーナの動きを理解すること。プラーナヤーマ(呼吸法)を通じて、プラーナの存在や動きを体感できるようになります。他のヨガクラスでは体験できない、古代から伝わる数多くの種類のプラーナヤーマを学びます。

5-1_photo.png
5-2_photo.png
Point02.png

正しいアーサナ
Proper posture

美しいアーサナを目指すことは本来のヨガの道ではなく、できるだけリラックスしてアーサナする事で、内臓や分泌系の変容効果をはじめて得られます。アーサナが何のために作られたのか、ブランミン(インド・ネパールでの僧侶)階級に伝わる本来の叡智を学ぶことで、正しい効果を得ることを目指します。

Point03.png

正しいリラクゼーション
Proper relaxation

ヨガ中の正しい休み方を学びます。このリラクゼーションをしている間に、デトックスがすすみ、体内の内分泌を流しています。ヨガの効果を受け取るには、アーサナの間に適切な休みを入れる事が重要です。また終了後になぜ10〜15分のシャバーサナをするのか、その意味も学びます。

5-3_photo.png
5-4_photo.png
Point04.png

正しい食生活
Proper diet

日々の食事が私たちをつくっています。モデルにはモデルの食べ方が、関取には関取の食事があるように、ヨギにはヨギの食べ方があります。身体を柔らかくするサトヴィックな食事とは何か?を深く学びます。ベジタリアンイコール大丈夫ではありません。ニーマルヨガでは、クラスの途中で水を取りません。

Point05.png

前向きな思考
Positive Thinking

ヨガは哲学ではありません。ヨガとはウェルビーイングそのものであり、生きるためのメソッドです。前向きな思考がその鍵となります。私たちが幸せに生きていくために必要なことのすべてを5000年の叡智から学んでいきます。

5-5_photo.png
無料ワークショップ

ニーマル先生からの
メッセージ

本講座申し込み.png
TT300日時base_pc.jpg
Message.png

受講生からのメッセージ

Kumiさん

この文章はダミーですこの文章はダミーですこの文章はダミーですこの文章はダミーですこの文章はダミーですこの文章はダミーです。

AYAさん

この文章はダミーですこの文章はダミーですこの文章はダミーですこの文章はダミーですこの文章はダミーですこの文章はダミーです。

btn_申し込み.png

満足度が高い理由

ニーマルヨガは太古から続く5000年のメソッドがあります。

満足度が高く、参加者さんからも喜びの声が届いています!

五つ星.png

2023年11月8日実施 終了後弊社アンケート調査結果

声1_edited.png

K.Wさん

40代 大学講師

これまでいくつもの職業の道を歩んできたという経緯から、自分は一体何者なのか?自分の役割とは何か?といったことをここ数年考えるものの、なかなか答えが出ずにいた。 TT300に参加し自分の内側を見ていく中で、職種や対象者が変わろうと結局これまで自分がしてきたことは「誰かに健康に関する何かを伝えること」でブレていなかった事に気が付けた。 先を考えるのではなく、今やるべきことをやっていれば自然と道はひらけていく。 自分のダルマとは?という問いに、内なる気づきが答えを教えてくれた。

日本全国から老若男女に関わらず
受講されています!

日本地図_edited.png

本講座の概要

1日のスケジュール

● ZOOMオープン、各自準備(20min)
● アーサナ・瞑想(75min)
● 休憩(10min)
● レクチャー(90min)
● ランチ休憩(60min)
 クチャー(60min)
 休憩(10min)
● ニーマル先生Q&A(35min)
● プラクティカルレクチャー(60min)
 グループラーニング(45min)

 クロージング(15min)

09:30

09:50
11:05
11:15
12:45
13:45
14:45
14:55
15:30
16:30
17:15

本講座の料金

受講料

オンライン受講

580,000(税込)

※テキスト代含む

スタジオ通し

174,000(税込)定員10人

別途費用

・RYT認定マーク入り修了書(希望者のみ)  44,000円(税込)

・別途リトリート代金 150,000前後

・ドロップイン 6,500円

早期申込による割引はこちら

早割特典.png

安心の制度

全額返金保証

本講座を受講頂き内容にご満足いただけなかった場合は、返金保証制度を利用して講座を辞退することができますので、瞑想に初めて挑戦される方でも安心して受講いただけます。

※返金のお手続きについては返金保証制度ガイドをご参照ください。

講師の紹介

講師紹介

講座の概要
本講座申し込み.png
本講座申し込み.png
ホームでのヨガ

無料ワークショップ
​予約フォーム

各回予約受付中!

ワークショップ

728日(日)

10:30~11:30

Nirmal_大.png
kuriko_大.png

RYT200で得た学びと自己成長を、もっと実生活に活かす方法

講師

Nirmal & Kuriko

開催場所

オンラインzoom/ニールズヤード

ワークショップ

91日(日)

10:30~11:30

Nirmal_大.png
kuriko_大.png

ヨガTT300で学ぶ、潜在意識を書きかえることの大切さとは

講師

Nirmal & Kuriko

開催場所

オンラインzoom/ニールズヤード

※開催場所の詳細は申し込まれた方に別途ご案内いたします。

本講座申し込み.png
予約フォーム
  • suwaruが提供するニーマルメソッドの特徴は?
    瞑想はとても科学的なものですので、きちんとプロセスを組み立てて練習することが大切です。ニーマルメソッドは、現代の人が取り入れやすい練習法として、準備から始まる一連の瞑想のプロセスを独自の手法として確立しています。これから瞑想を始める人にもとても分かりやすく構築され、さらに効果も感じられやすく、継続しやすい練習法です。 また、ニーマルとはサンスクリット語で、クリスタル、クリア、ピュアという意味があります。瞑想によって私たちのマインドがクリアでピュアな状態に導いていかれる、ということに由来しています。
  • suwaruの講座の特徴は?
    普段仕事や家事にと毎日忙しい方でも受講いただけるように、瞑想の理論と実践を集中して学んでいただくことができます。コースは、ベーシック(ボディのための瞑想)、インターミディエイト(マインドのための瞑想)、アドバンス(ソウル/意志の力のための瞑想)と3つあります。ベーシックを修了された方には修了証をお渡しし、インターミディエイト修了後、認定試験、講習の瞑想ティーチャーテストを受講後に SUWARU認定瞑想ティーチャー資格を授与いたします。ベーシックを受講された方のみ、インターミディエイトを受講することができます。
  • スタジオの講座とオンライン講座、内容は同じですか?
    内容は同じです。ご自宅でリラックスしながら、講師の心地よくわかりやすいガイドで受講していただけます。実践のメディテーションは自分自身と向き合う時間となるため、集中しやすいスペースで受講いただけるのが望ましいです。
  • 9:30〜17:00の間、ずっと瞑想するのでしょうか?
    集中力が続くように、講義、実践、休憩がバランスよく構成されています。
  • 一方向的に講義を聞くだけですか?質問はできますか?
    こちらの講座は、参加型の講座になっています。講師に直接質問できる時間帯もありますし、講師から感想を求められることもあります。また、グループディスカッションもあります。
  • オンライン参加者はみんなビデオをオンにしますか?
    はい。PCやスマートフォンからZoomで参加をしますが、ビデオはオンでお願いします。講師やスタッフがお客様の姿勢やお顔を見ながら講座を進めていくため、適切な指導やフォローを行うことができます。 当日は講師以外にも数名のバックスタッフが運営をサポートしています。 皆さんのご参加お待ちしております。
  • オンライン受講が不安です。スタジオの講座とオンライン講座、内容は同じですか?
    同じ内容です。瞑想によるエネルギーは、インターネットを超えて一緒に瞑想している人全てに届きます。これまで北海道や沖縄、また海外から時差もある中ご参加いただいたお客様など、オンラインで受講された方が多くいらっしゃいます。 「会場同様に感想を聞いたり、質問にもすぐに対応したりして有意義な時間が過ごせた」「毎回最後にグループシェアの時間があり、ひとりではなくみんなで学んでいると感じられた」などの感想をいただいております。 zoomから会場の様子を見ていただけます。またスタジオからもプロジェクターでオンラインの皆様の様子を映しておりますので、スタジオ、オンラインでの一体感はお互いに感じていただけるかと思います。
  • 自宅で受講する際の雰囲気づくりのコツはありますか?
    ご自身がリラックスして受けられる環境を整えていただくことをおすすめします。瞑想の時間は1日2〜3回です。あらかじめスケジュールが決まっておりますので、その間は集中できるよう、邪魔が入らないような工夫をしてください。スケジュールはテキストに記載がありますので、事前にご確認いただけます。 講座中は何かあればzoomのチャットでご連絡していただければすぐに対応いたします。また、スタジオ・オンラインどちらの方にも同様に感想をお伺いしたり、インターアクティブに進めていきますので、安心してご受講ください。
  • 参加するには何が必要ですか?
    オンラインクラスの参加にはWeb会議サービスZOOMが必要です ZOOMをPC、またはスマートフォント にインストールし、サインアップ(新規登録)をしてください。https://zoom.us 登録が終わりましたら、スワルオンライン のオンラインクラスに参加するボタンを押してご参加ください。 10分前から入室可能です。 ※入室時間が若干前後する場合がございますのでご了承ください。 以前からご利用で画面に『サインインしてください。認証が必要です』のメッセージが出る方は 『Q.オンライクラスに参加できません』をご覧ください
  • オンラインクラスに参加できません
    以前からZOOMはご利用の方→ 再度サインイン(ログイン・認証)してからご利用ください PCやスマートフォンでZOOMアプリをご利用で、画面に『サインインしてください。認証が必要です』のメッセージが出る方はZOOMがアップデートされてる場合がありますので、 再インストール後にサインイン(ログイン・認証)してからご利用ください。 初めてご利用の方は→ZOOMアプリのインストールが必要です 『Q.参加するには何が必要ですか?』をご覧ください
  • 瞑想にはどんな効果があるのですか?
    瞑想には様々な効果があるといわれています。瞑想は内側に気づきを向けていく作業ですので、自分に対する気づきが向上して、その結果様々な結果が生まれます。 内面に対する効果としては、自分の感情をコントロールできるようになったり、仕事の効率性が上がったり、自分に対する認識が向上することで人間関係がスムーズにいくようになったりする変化が見られるでしょう。 体に対する効果は、体への気づきが高くなるため、健康意識が芽生えます。また瞑想によって中枢神経がバランスを取り戻すので、免疫力が上がることも研究結果で知られています。こう言った効果は、アメリカの有名大学の脳機能研究によっても明らかになっていることです。
  • 瞑想はどんな人に適していますか?
    瞑想は、すべての人に向いてます。なぜなら私たちは瞑想とともに生まれ、すでに瞑想の質を内側に持っている存在だからです。瞑想とは、他でもない自分のものなんです。瞑想をしたいという気持ちが少しでもあれば誰でもできます。決してヨギーや僧侶、あるいは何年も練習法を積んだ人だけのものではありません。
  • 色々な瞑想の種類がありますが、何が違うのですか?また、どれを選んだらいいのですか?
    「マインドを落ち着かせたい」「不安を無くしたい」「体を休めたい」「自分を高めたい」など様々な目的に合わせて、たくさんの瞑想の手法が存在しています。また、初心者、中級者、上級者向けという風にレベルによっても瞑想の種類が異なります。まずは自分にとって一番やりやすく、効果のあるものであればどれでも構いません。
  • マインドフルネスとは、瞑想の一種ですか?
    マインドフルネスとは、今の自分の行動や思考に完全に気づきを持つことを鍛錬する練習法です。私たちのマインドは、ほとんどの場合、過去や未来のことに捉われなれていて、気づきが低い状態になっていることがストレスの原因になっています。 常にマインドを現在という瞬間に集中させる練習をすることで、マインドは自然な状態に戻り、バランスを取り戻すことができます。 日常生活の中で行う「インフォーマルな」マインドフルネスの練習と、座って呼吸に意識を向け続けるといったような「フォーマルな」マインドフルネスの練習法があります。両方のマインドフルネスのアプローチを行なっていくことで、瞑想をする準備を心と体の両方において整えることができます。
  • 瞑想はどの時間帯に練習するのが効果的ですか?
    まずは、日中でも、夕方でも、どの時間帯に練習してもかまいません。瞑想は継続して習慣化することがとても大切なので、同じ時間帯に練習することを決めておくとやりやすくなります。 一番いいのは、その日の予定などがマインドに入ってきてしまう前の1日が始まる前の朝の時間帯が瞑想に一番向いています。空気は澄んでいて、周りの環境も静かでやりやすく、1日のエネルギーをチャージしてくれます。
  • 瞑想の練習するのに適した場所はありますか?
    静かで邪魔が入らず、清潔で、明るすぎない場所が集中してできるでしょう。寒い場合は部屋を暖めたり、ブランケットなどを用意してください。自分が落ち着けるところで練習するのがおすすめです。
  • 瞑想はどのくらいの時間練習すると効果がありますか?
    短い時間でも継続して続けることが大切です。最初は5分程度でもいいので、慣れてきたら徐々に練習時間を延ばしていきましょう。
  • 瞑想を練習する際に必要な道具はありますか?
    ヨガマットや瞑想用のクッションに座って練習するのが一般的ですが、ビギナーの方や床に座ることができない方は椅子を使っても構いません。 瞑想の種類によっては、ろうそくやマーラ(数珠)を用意したり、リラクゼーションのためにお香を炊くこともあります。
  • 瞑想途中で体勢が辛くなってしまうときや、咳込んでしまいそうなとき、身体のどこかが痒くなったときなど、どうしたらいいですか?
    「体を動かしてはいけない」「咳をしてはいけない」と無理に抑え込む必要はありません。体が痛くなってきたならば、楽な姿勢に変えてください。ただし、数分ごとに姿勢を変えてしまうとかえって瞑想の妨げになりますので、瞑想を始める際に、マインいフルになって自分の座る姿勢を確認し、楽な方法で座ってください。必ずしも床に座禅を組む必要はなく、クッションを使ったり、椅子に座って瞑想をしても全く構いません。
  • 朝瞑想をやると、寝てしまうことがあります。寝ないためにはどうしたらいいでしょうか?
    朝に起きてすぐ瞑想をしようとするのではなく、顔を洗う、歯磨きをする、トイレに行く、着替える、コップ一杯の水を飲む、部屋の換気をする、など瞑想のための準備を整えてから行ってみてください。 また、日頃から体と心に疲労が溜まっていると瞑想中に眠気をもよおしやすくなります。日常を整え、早く寝ることも心がけてください。
  • 様々な瞑想法がありますが、ビギナーはどれから練習したらいいですか?
    たくさんの瞑想法がありますので、まずはご自身にとってやりやすいものが良いでしょう。 ニーマルメソッドでは、ビギナーの方には、集中力を保ちやすいソーハム呼吸瞑想、キャンドル瞑想、マントラ瞑想、ヨガニードラ瞑想、チャクラ瞑想などをご紹介しています。 短時間でもいいので、とにかく毎日練習を重ねることが上達の秘訣になります。誘導してくれるアプリもあるので活用してみるのもいいでしょう。
  • 瞑想を練習しているとどうしても雑念がでてきてしまいます。どうしたら集中できるのでしょうか?
    体やマインドに緊張や疲れがあると、どうしても雑念が浮かびやすくなってしまいます。ですので、まずはその緊張や疲れを解きほぐしてから瞑想をするとより安定して行うことができるようになります。 ニーマルメソッドでは、瞑想の前のウォームアップシークエンスとして股関節周りの柔軟を高めるポーズを中心としたストレッチ系のヨガを取り入れています。血流が悪いと雑念が入りやすくなるので身体を整えることも大切です。 そのあとにマインドの緊張をほぐすために呼吸に意識を集中するソーハム呼吸を行なっています。そうするとマインドは穏やかさを取り戻すので、安心して瞑想へ入ることができるようになります。 しかし、それでも雑念が出てきてしまう場合は、日常生活にもどり、生活を整えることをしなくてはいけません。前日に見た映画、会話、これからの予定の心配などにぶれないようにする必要があるでしょう。 それでも雑念が出てくる場合ももちろんあるでしょう。雑念とは、遊んで欲しい犬のようなものです。関心を向ければ向けるほどまとわりついてきてしまいます。ですので、雑念や、雑念が浮かぶことに対する気持ちそのものにとらわれるのではなく、淡々と「今行っている瞑想法」に戻ってください。いきなり無になろうとしなくてもいいのです。瞑想の練習で一番大切なのは、常に気づきを戻すことそのものであり、無になることではないのです。
  • 瞑想をしているとどうしてもウトウトと寝てしまいます。寝てしまってもいいのか、あるいは寝ないようにしたほうがいいのでしょうか?また、寝ないようにする方法は?
    瞑想とは、完全に気づきを持って何かに意識を集中していられる状態で、意識が完全に目覚めている状態のことを言いますので、寝てしまっては瞑想しているとは言えなくなってしまいます。寝てしまうと無意識の状態に陥ってしまいます。 瞑想を始めたばかりの頃は眠くなることもあるようです。瞑想の前に体をほぐしたり、ウォームアップのストレッチをして体を目覚めさせてください。そして呼吸法も行い、頭をすっきりとさせてから瞑想を始めましょう。 姿勢が前かがみになっていると副交感神経が活性化して眠くなりやすいですので、背筋が常にまっすぐに伸びているようにしましょう。 体やマインドが疲れすぎていると、それでも瞑想中にどうしても眠くなってしまいます。普段から早寝早起きを心がけ、過労やストレスを軽減し、よい食生活を心がけてください。 瞑想を続けて自分への気づきが高くなってくると、眠くなることも少なくなってくるでしょう。
  • 瞑想の練習の最中に身体が冷えてしまうのですが、いい解決方法はありますか?
    部屋を暖かくし、ブランケットなどを体や腰などにかけてください。ただし、手のひらや足裏は、気の通り道があるところでエネルギーの活性化を助けてくれますので、手のひらと足裏はブランケットで覆わないようにした方がより瞑想の効果を得ることができます。
  • 瞑想は目的をもって練習することが大切だと言われますが、その目的自体はどうやって見つければいいのでしょうか?
    買い物も一緒ですが、目的設定がないままに行うと何も結果が得られないことが多くなります。人生や瞑想も同じです。瞑想をする前にはっきりと目的設定を行うことで、効果を感じやすくなり、続けるモチベーションにも繋がります。 瞑想の目的をまず「体」「マインド」「感情」にわけて設定するとやりやすいでしょう。「体を楽にしたい」「マインドを落ち着かせたい」「感情を穏やかにしたい」などです。 瞑想を続けて気づきが上がってくれば、自分自身に必要なことが自ずとわかってくるでしょう。
  • 瞑想はどのくらい練習すると効果がでるのでしょうか?
    効果がでてくるのは、その人がどのぐらいの集中度を持って瞑想の練習を続けるかによって違いがありますので、はっきりと決まった答えをお伝えすることはできません。毎日必ず行えば早く効果が出るでしょうし、時々であればそれなりの期間を必要とします。 ある研究によれば、瞑想を7週間練習を続けると脳が変容してくるといわれています。いずれにせよ、継続し、習慣化することがとても大切です。
  • マントラの発音を教えてください
    ・クロージングのマントラ(シャンティ・マントラ) “Lokaha Samastaha Shukhino Bhawantu.” 発音:ローカーハ・サマスターハ・スキノー・バヴァントゥ “Hari Om Tat Sat” 発音:ハリ・オーム・タッ・サッ “Om Shanti Shanti Shantih” 発音:オーム・シャンティ・シャンティ・シャンティヒ ・マントラ瞑想 “Om Namah Shivaya” 発音:オーム ナマー シヴァーヤ マントラの唱え方 次の順番で練習を行えばマントラの効果を取り入れやすくなります。 1. 声に出して繰り返す 2. ささやき声で繰り返す 3. 声に出さず頭の中で繰り返す 4. 聞くことで感じる
  • 呼吸するときは鼻呼吸ですか?口呼吸ですか?
    通常は吸うときも吐くときも鼻呼吸で行います。特別な呼吸法の時に口を使うこともあります。
  • ガイドがなく自分で呼吸法をする際、どうやってカウントをとったらいいでしょうか?
    まずはじめはメトロノームのようなアプリを活用してもいいでしょう。または、自分の頭の中で1秒の感覚をつくります。1、2、3、4、5、と頭の中でカウントを取ることに慣れる練習をします。この際に、数字のイメージを描きながら感覚を作ってもよいでしょう。
  • 呼吸法は朝、夜といったように時間帯によって異なるのでしょうか?
    呼吸法は時間帯というのではなく目的によって異なります。朝は自然に力が発生するので吸うと吐くが1対1、夜は疲れをとるために吸うと吐くが1対2となります。このように、ニーマルメソッドでは、時間帯というよりも目的によって呼吸法を変えています。
  • 片鼻呼吸で、鼻が詰まっているときはどうしたらよいでしょうか?
    詰まっている方の鼻が少しでも通るのであれば、それなりに続けてください。続けてやっていることで鼻の通りが良くなることがあります。練習を始める前に「通っている方から吸って、通りにくい方から吐く」のを数分間続けてみてください。鼻の通りが良くなることがあります。 クラスで一緒に練習している際に、万が一、鼻が全く息が通らない場合は、片鼻呼吸は行わずに自分の内側に意識を向け続けたまま静かに座っていてください。 鼻が詰まりやすい方は、毎朝、太白ごま油もしくはマスタードオイルを2〜3滴点鼻し、軽くマッサージしてください。続けていれば鼻腔内の老廃物を取り除き、鼻の通りを良くしてくれるでしょう。 また、普段の食生活にも気をつける必要があります。鼻が詰まりやすい方は、冷たいもの、乳製品、動物性食品、精製小麦粉、甘いものを控えると改善するでしょう。
  • 呼吸法を練習していると途中で息苦しくなってしまいますが、短くしてもいいのでしょうか?
    呼吸法はリズムが決まっています。プラーナ呼吸は吸うと吐くが1:1、アパーナ呼吸は1:2、ナーディショーダ呼吸は吸う、止める、吐くが1:2:2になります。この割合をキープしていれば、秒数は変えても構いません。息苦しくなる場合は、リズムの割合は保ったまま秒数を短くして練習をしてください。7秒吸って7秒吐く、というのがつらいのであれば、4秒吸って4秒吐く、といった感じです。
  • 瞑想というとどうしても宗教のイメージがあって不安に感じてしまいます。瞑想を宗教の違いは?
    瞑想と宗教は全く関係がないものです。なぜなら、宗教というのは、その宗教にしか存在しないものがあります。例えばカトリックの十字架、イスラム教のモスクといった、特徴的なものがあります。一方で瞑想は、どの宗教にもあります。つまり、どの宗教にもやっているというのは宗教ではありません。 また、歴史をみると明らかです。カトリックは2200年、仏教は2500年、イスラム1700年、ヒンズー教は5000年程度の歴史がありますが、瞑想そのものは1万年前とも2万年前ともいわれるほど、古くから存在します。というのは、瞑想は人間のためのものだからです。 近年では脳科学、医学でも研究が進んでいる科学の分野でもあります。多くの成功者の人がこの瞑想による脳機能への効果を取り入れています。
  • ヨガと瞑想の関係は?
    ヨガとは本来、アサナ、呼吸法、瞑想のすべてを含んだものを意味しますが、最近はヨガというとアサナのことを意味するようになってきました。その意味でのヨガ=アサナは瞑想の準備といえます。まず、ヨガ=アサナで身体を整え、その後に瞑想でマインドを整えていきます。

© 2019 suwaru co.,ltd.  All Rights Reserved.

本講座申し込み.png
bottom of page